妊活のお手伝い☆

こんにちは。米ぬか酵素風呂cureです!

ブログ更新2ヵ月以上さぼってしまいました・・・・。

ありがたいことに、9月以降たくさんのご新規様、リピーター様にご来店いただいております。

ありがとうございます。


さて、ここ最近ご新規様で増えてきているのが、妊活の一環でご来店になられるお客様です。

身体を温める活動をすることを最近では『温活』なんて呼びますが、『妊活』をする上で欠かせないことは身体を冷やさないことなんです☆


そこで今回は、酵素浴と黄土スチームケア(よもぎ蒸し)が妊活のためにできることを

お話しようと思います。


妊活をする上で大切なことは排卵にむけて子宮を温めてあげること

だと考えています。


理由は妊娠の際に重要な“着床力”、それを左右するのが『子宮内膜の厚み』と言われているからです。子宮内膜を厚くさせるには、低体温期において子宮に栄養と酸素に満ちた血液をしっかりと送り込み、子宮内膜をふかふかにしてあげることが必要です。つまりは、身体をしっかりと温めてあげることで血流の流れを整え、身体全体の巡りを良くすることが大切ということです。

酵素浴は一般的に発酵した米ぬかなどからでる遠赤外線が身体を深部から温めてくれることで血行を良くし、冷えなどの改善の手助けをしてくれます。体を温めるという観点ではお風呂に入る、サウナに入る、岩盤浴をする、よもぎ蒸しをする等と、色々な選択肢はありますが、これらと全く違う点は、『温熱の浸透力&持続力』です。


また、当サロンの黄土スチームケアでは身体を温めるだけでなく、麻草の有効成分が含まれた蒸気を直接、膣の粘膜や皮膚から吸収することで全身を駆け巡り、身体の調子を整える手助けをします。


さらに、酵素浴やよもぎ蒸しではデトックス効果があるので、不要な物はどんどん体外に排出し、同時に新鮮で栄養豊富な血液を次々と身体中に送り込んでくれます。

その結果、子宮内膜にも良い影響がでますし、基礎代謝が上がることで、子宮の動きも活発になります。


妊活には酵素浴、よもぎ蒸しと聞くことも最近は多くなってきました。

どちらか一方でも妊活の一環として取り入れることはとても良いことです☆

ですが、当サロンではこの2つの温活方法を併せてご利用いただくことが可能なので

是非とも、酵素浴もよもぎ蒸しも両方併せて活用してください!


酵素浴とよもぎ蒸しを妊活に取り入れる上で一番大切なのは温活のタイミングです☆

妊活の一環で酵素浴とよもぎ蒸しをするタイミングとして一番適しているのは、

生理が始まってから排卵日までの間が最も効果的といわれています。


当サロンでは衛生上、生理などの出血があるときの黄土スチームケア(よもぎ蒸し)のご利用はお断りしているので、生理中は酵素浴だけで身体を芯から温めます。

生理が終わった直後から排卵日までは『酵素浴+黄土スチームケア(よもぎ蒸し)』のコースを週2回されることをお勧めします。そして、排卵日からは酵素浴もよもぎ蒸しもお休みです。


***-*** モデルプラン ***-***

* 生理開始~生理終わり → 酵素浴をこの期間に2回

* 生理終わり直後~排卵日前まで → 『酵素浴+よもぎ蒸し』を週2回ずつ、合計4回

* 排卵日以降はお休み


米ぬか酵素風呂cureでは、妊活目的でお越しになられるお客様に、生理中から排卵日までの約3週間、集中的に通っていただくプランを推奨しております。


もちろん、モデルプラン以外にも、お客様のご予算やご都合を踏まえ、お一人お一人に合わせた無理のない通い方を提案させていただきますので、安心してお問い合わせください☆


また、生理が来なくなり、妊娠している可能性があるころから、安定期までは酵素浴もよもぎ蒸しもお休みをしましょう。

酵素浴での温活再開は安定期に入ってからです☆

(妊娠中の黄土スチームケア(よもぎ蒸し)のご利用は当サロンではお断りいたしております)

妊娠中はお薬などがなかなか使えないので、免疫力アップのためにも当サロンの【マタニティ入酵プラン】を活用して元気に出産まで過ごせるよう、スタッフがサポートしていきます♪


#妊活

#排卵

#生理

#温活

#米ぬか

#酵素風呂

#酵素浴

#よもぎ蒸し

#黄土スチームケア

#埼玉県

#坂戸市

40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示