腸内フローラ

こんにちは、坂戸市の米ぬか酵素風呂cureです☆


最近はすっかり初夏の陽気にもなりましたね!!

まだまだコロナウィルスは気が許せない状況には変わりありませんが、1人1人の免疫機能がUPすることはコロナウィルス感染を予防し、またかかってもスムーズな回復に繋がりますので、1人でも多くの方が日常的に免疫UPできる行動や生活習慣を取り入れて頂けたら、きっとこの苦境も乗り越えていける!と思うんです。


そんな想いで免疫UPシリーズのブログ更新をしていますが、今日も免疫UPに繋がるお話になります。題名の通り『腸内フローラ』についてです♪


最近よくこの『腸内フローラ』って耳にするようになりましたよね!

そもそも『腸内フローラ』って何?ってなるかと思いますが(^^;)

腸内フローラとは私達人間の腸の中に存在する細菌の集まりの事をいいます。

小腸・大腸に1000種類1000兆個の細菌がバランスをとりながら腸内にて、顕微鏡で覗くとそれらはまるでお花畑のように見えることから『腸内フローラ』と名付けられたそうです。


そして大まかに3つの種類に分類されます。

腸内にいい働きを与える「善玉菌」と腸内に悪い働きをする「悪玉菌」何となくこの二つはよく聞きますよね!そしてもう1つ「日和見金(ひよりみきん)」というどっち付かずの細菌です!


この日和見金は「善玉菌」「悪玉菌」の数の多い方に味方してしまうちょっと八方美人ちゃんな細菌なんです。


腸内環境を整えることが大事だと言いますが、やはり「善玉菌」の数を増やすことで日和見金ちゃんを味方につけパワーUPする事、それは免疫機能とかなり密接に関わっています!!

免疫機能の70パーセントはなんとこの腸に存在しているのです。

なので腸内の環境を整えてあげることはおのずと免疫機能を向上させるということに繋がります。


冬になるとインフルエンザが流行り出しよく売れる商品で明治のR-1というヨーグルトやヤクルトのシロタ株入りのヤクルトの飲料!!

これらは善玉菌を増やす働きがあります。それから発酵食品、納豆、ぬか漬け、キムチ、お味噌、甘酒、ヨーグルトこれらもおなかの調子を整えてくれます。

スーパーに行くと納豆のパックが家庭で制限などあるので、何となく納豆は皆さん積極的に取り入れているのかなという印象です。

それに加えて、3食の内の1食でもみそ汁を取り入れたり、朝時間がない場合でもヨーグルトを食べたり、ちょっとした時に、発酵食品に目を向けて取り入れる。ちょこちょこ取り入れてもらえたら腸内では善玉菌たちが増えて免疫UPにつながりますね!!


日頃便秘の方はこの腸内バランスが崩れているので、水分を多めにとって、運動をしつつ、発酵食品の取り入れを行ってみて下さいね。


cureのお客様の中で、入酵後、その日または翌日に渡って便が沢山でた!とお喜びの声を聞くことも良くあります。身体を芯から温めて細菌を活性化させるからこそ腸内バランスも整います。

人の身体はとっても複雑です。色んな方向から、色んな角度で免疫をUPして頂けるときっと自分に合う何かがあるはずです!!

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示